読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のぼゆエンジニアリング

ゼロから機械設計を勉強してみたりするブログ

独学は自己防衛!不器用な人にこそ独学を勧めたい理由

その他-徒然


スポンサーリンク

私が独学が好きなのは、まずは「学校」が嫌いだからです。
独学は優秀じゃないとできないって初めは思っていましたが、学校で勉強するほうがよほどハードです。

大人数を一つのハコに入れて、同じことをやらせる。当然、理解度合に差が出てきますよね。 子供の頃だったら塾へ行って前提知識のある者の独壇場になって、つまづいても置いてけぼりです。大人になっても同じようなもので、職歴や学歴の個人差が歴然です。

自分が不器用だから、キズつくんです。

ただでさえ新しい知識の習得に不安なのに、ゼロからスタートの筈の学校でどんどん周囲の差を見せつけられて、自己評価が急激に下がっていきます。

その差を産み出す原因に「事前にどれだけ教育を受けさせてもらえたか」っていう経済格差が透けて見えますから、もう情けなさ、やるせなさで勉強どころではありません(笑)
どうせ家に帰って授業でわからなかったところを勉強するんだったら、最初から導入から一人でやったほうが遥かに効率がよく、心穏やかです。 復習といっても、分からないところすら分からない状態のこともありますし。

勉強以外のイベントが無駄

移動時間とか人間関係のしがらみとか、イベント事が体力を奪います。 勉強の邪魔してますよね。私は危機感を感じて高校をすぐに辞めて大検にシフトしました(笑)
私は地方で不便な地域だったのもあり、移動が一番苦痛でした。

人生を自分でコントロールする喜び

当然ですが学校にはカリキュラムがありますが、それがすごい窮屈に感じます。 冗長に感じたり、逆に駆け足で物足りないこともあります。
自分が納得しなことに従わされるのが嫌で嫌で。 素直に決まりに身を委ねられる人はだったら良いんですけど、そうじゃない人間にとっては地獄です。

私は半年程度で大検を取って、すぐに次の目標の準備に移っていました。

もし周囲の圧力におされて中退断念していたら、高卒資格を取るためだけに膨大な通学時間かけて、無駄な行事に勉強邪魔されながら3年間も我慢を重ねていたんでしょう。 卒業時は廃人になってそう。ぞっとします。

資格取得や転職をペースメーカにして計画を練っている時、不安もありますがすごいワクワクします。 「自分が」人生をコントロールしてるっていう喜びを感じられます。

学校でうまくいかなかったあなたも、新しい事何か始めてみませんか?
上手くいかなかったのは、あなたにカリキュラムがあってなかっただけだと思いますよ!

関連記事

noboyu.hatenablog.com

© 2017 のぼゆエンジニアリング