読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のぼゆエンジニアリング

ゼロから機械設計を勉強してみたりするブログ

AutoCADでモデル空間の図面を連続印刷する方法。少しは楽になるよ

機械設計 CAD


スポンサーリンク

のぼゆエンジニアリング

たかが印刷って思うかもしれないけど、けっこう時間の節約になる。
残業時間をちょっとでも減らせるかも。
レイアウト空間の連続印刷についても説明している。

AutoCADの対象バージョン

Autocadは2004から、LTも2009から機能として備わっている。
AutoCAD LTは95からのユーザーだけど、かく言う私も2010あたりまでは根性で何十枚も手作業で印刷していた。
過去の事を言っても仕方がないので、さっそく本題に入る。

想定したシチュエーション

  • モデル空間に描いた部品図データがたくさんある。 それを確認用に印刷したい。

  • テキトーに書いてるので、個々のデータにプリンターの設定とかはできてない

  • 縮尺もバラバラ

  • でもとりあえず確認用に連続印刷したい。

というシチュエーションを想定している。

※もちろん、レイアウト空間も設定すれば(Step3に書いています)連続印刷できる

操作方法

step0. 操作の流れ

  • AutoCAD搭載の印刷ツールに、印刷対象の図面データを読み込む。

  • 印刷設定は、別途「ページ設定データ」(設定ファイル.dwg)を作って読み込む。
    そうすると、共通した印刷条件を複数図面に適用できる。

20160913214444



step1.「ページ設定データ」を作る。これがキモ。

個別に印刷設定がなされていないので、共通した印刷条件を設定したデータを作るのが目的

1-1. 図面を新規作成

  • 適当にモデル空間になんか描いておく
f:id:noboyu:20160602005536j:plain:w350



1-2. 印刷設定画面を出す

  • ファイル⇒印刷 もしくは「Ctrl+P」で表示できる。
  • 各項目を埋める。(下図参照)

20160602005535

1-3. 設定名を決める

  • 1-2で各項目を埋めたら、最後に「追加」をクリック
  • 任意の設定名を設定する。(下図参照)
  • 印刷設定画面はキャンセルで閉じてよい
  • 最後に好きなファイル名を付けて、任意の場所に保存しておく。拡張子はdwgで良い。

f:id:noboyu:20160602005534j:plain

step2.「バッチ印刷」を呼び出す

f:id:noboyu:20160602005537p:plain:w400



step3.印刷するファイルを指定する

  • 「シートを追加」をクリックして、印刷したいファイルを指定する(下図参照)
    ドラッグアンドドロップでも追加できる。
    追加後、ファイル名の後に「-モデル」と表示されているか確認の事。
    違うものは削除しておく。

  • 「ページ設定」を指定(下図参照)
    印刷するファイルを追加したら、まとめて選択後、<既定:なし>をクリック。
    すると「読み込み」という項目があるのでクリックして、step1で作成したデータを指定する。
    20160602013652

  • レイアウト空間を印刷したいなら(下図参照)
    印刷するファイルを追加前に、右クリックして「シート追加時にレイアウトを含める」のみクリックしておく。

    f:id:noboyu:20160924165310j:plain:w500

step4.印刷

パブリッシュ」をクリック。完了です。
バックグラウンドで処理されるので、印刷中も別の事ができる。

操作イメージ動画(gifアニメ。動かなかったら再読み込みを)

autocadバッチ印刷

注意点

  • 紙の大きさごとに「ページ設定データ」を作っておくこと
    例えばA3とA4が混在している場合、今回の方法では一括して印刷はできない

訂正しますm(__)m
一括して一度に印刷はできます。
ただ、step.3で書いた方法でA3用とA4用の「ページ設定データ」を作り、それぞれに適用してください。


  • スケールはきっちりと出ない
    step1-2で印刷尺度を「用紙にフィット」としているので、スケールは用紙に合うように適当に調整されて出てくる。
    例えば本来はS=1/2の図面なのに、実際印刷されたものを測ると0.4899みたいな微妙なスケールで出てくるということ。



PDFデータを作成するには?

バッチ印刷では、 「パブリッシュ先」を「PDF」に設定すると、PDFデータを出力することができます。

一枚ずつのバラでも、複数枚まとめる事もできる

そしてPDFファイルの出力仕様は「パブリッシュのオプション」でコントロールできます。

  • シングルシートファイル」を選択すると1枚ずつバラ状態。
  • マルチシートファイル」を選択すると複数枚が1ファイルでまとまった状態。

・・・でPDF出力されます。

こんな感じ。

autocadでpdf

PDFのファイル名をコントロールするには?

「シングルシートファイル」でバラPDFを作る場合、PDFのファイル名は下記規則で命名されます。

  • 印刷対象がモデルなら、「CADデータのファイル名-モデル」
  • 印刷対象がレイアウトなら、「CADデータのファイル名-レイアウトシート名」

このとき、「語尾の”-モデル”は要らない」という方も居られるでしょう。

結論から言うと一括してファイル名を決める事はできません。

楽な対処方法としては、2つあります。

1.手動でシート名をリネームする。

出力するファイルが少ないなら、これが速いでしょう。
シート名を右クリック⇒「シートを名前変更」を選択。
いらない言葉を消したり、任意に編集してください。

2.リネームソフトを使う

大量の図面がある場合は、手作業はやってられません。
別のソフトに助けてもらいます。

普通の手順でとりあえずPDFを作って、リネームソフトでまとめてファイル名を変更すると速いです。

リネームソフトは色々ありますが、私がお世話になっているソフトの例を挙げます。

正規表現も使えるので、かなりの事ができますよ。「語尾の”-モデル”を消す」などは簡単です。

さいごに

ヘルプもわかり辛いし、何回も失敗したので記事にしてみました。
うまくいかなかったら、ツイッターのDMかお問合せから教えてください。
(わかる範囲でですが相談に乗ります)

関連記事

© 2017 のぼゆエンジニアリング