読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のぼゆエンジニアリング

ゼロから機械設計を勉強してみたりするブログ

機械製図技能検定3級の作戦まとめ。2級への足掛かり

資格 資格-技能検定


スポンサーリンク

のぼゆエンジニアリング

機械製図技能検定3級の対策作戦を、まとめてみました。
2級の受験資格を満たさない人でも、3級はすぐに受けられます。

どんな試験?

受験資格

受験資格は基本的にはありません。
ただし受験要綱を読むと「※検定職種に関し実務の経験を有する者について、受検資格を認めることとする」 とあります。
学校を出ていなくても少しでも実務経験があれば受験できるはずなので、ご自分の受験地で問い合わせてみて下さい。

また、今後2級を受けるためのパスポートになります。
ちなみに直接2級を受検するには、下記いずれかの条件を満たす必要があります。

  • 3級取得者
  • 所定の教育機関出るている
  • 2年の実務経験 など

詳しくはこちら

試験内容

特徴を下記します。

  • 正式名称は、「検定職種:機械・プラント製図」、「作業名:機械製図CAD作業」。

  • 技能検定は、厚生労働省主催の公的資格だ。試験問題等の作成については中央職業能力開発協会が、試験の実施については各都道府県がそれぞれ行うこととされています。
    試験会場は、各都道府県のポリテクセンターなど職業訓練所系の施設です。

  • 1年1回の実施。出願期間が10月上旬、学科試験が1月末、実技試験が1月末~2月上旬に実施されます。

  • 実技が本丸の試験です。公式サイトから試験内容の引用します。
    要するに、いわゆるバラシです。めちゃ実務的で訓練にぴったりです。

    3級 次に掲げる製作等作業試験を行う。

    実技試験問題及び課題図(機械装置を組み立てた状態の図面)から、指定された部品図をCADにより作成する。 試験時間 3時間

  • CADと手描きのどちらかを選べます
    私はCAD派なので、CADをうける前提で話をしています。
    手描きで受ける人は、実施県が少なくなりますのでご注意を。

3級が実施される都道府県か、確認が必要です

1、2級とは、実施する都道府県が一緒ではありません。
参考に、3級の実施県を、地図にしてみました。
ただまた来年度はどうなるかわからないので、都度チェックが必要です。

f:id:noboyu:20161015201040p:plain

  • 平成28年後期の実施一覧のPDFより、作成しました。
  • 地図作成には、このサイト(Map of Japan Ver. 1.3)を利用させて頂きました。



対策の方針

基本的に、2級の記事で書いた方針と一緒です。
学科も実技も過去問に注力してください。


試験対策 ― 実技編

面倒ですが、練習できる環境をまずは自分で作らねばなりません。

その1 過去問と解答図を入手する

職業能力開発協会で貰える場合があります。

都道府県によっては、コピー代を払えばコピー可能です。
対応はまちまちなので、ご自身の近隣の協会に電話やメールで聞いてみて下さい。


職能協会で貰えなかったら・・・

1冊にすべてまとまっているような本は無いのが現状です。


その2 CADを調達する

いろいろ選択肢があります。無料で何とかすることもできます。
普段の練習は無償CADで、直前にAutocadで操作を確認しておく、と出費が抑えられます。
ただ、都道府県によって設備が違う場合もありますから、念のためAutocadで受けられるかはチェックしておいてください。

無償CADを使う

  • DraftSightをダウンロード
    おすすめはDRAFTSIGHT。Autocadライクな操作感なので抵抗がありません。
    autocadのコマンドも使えます。

    コマンドは積極的に使って、作業時間の短縮に努めてください。

Autocadの体験版をインストールする


その3 練習開始

試験の流れや、コツなどは2級の記事が参考になるかと思います。

まずは一年分に時間をかけてもOKなので、マイペースでじっくり課題図に向き合って部品図を完成させてみて下さい。

おすすめ参考書

試験対策 ― 学科編

学科はまだ実技に比べると準備しやすいと思います。
○×マルバツの真偽問題が、30問出題されます。
過去問を数年さらうと何とかなるでしょう。

こちらも、職能協会で過去問が貰えるかもしれません。
貰えなかったら、本が発行されています。

中央職能協会から、書籍が発行されています。
一冊に学科が2年分、実技が1年分収録されています。
機械製図以外の職種も収録されているので、注意してください。
ホムペをみると第2集、に製図が入っていますね。
中央職業能力開発協会図書センター

さいごに

2級の受験資格があるなら、自信が無くても2級から受けた方が良いと思います。
(3級は書籍が少なく準備がちょっとし辛いので)

ただ、3級から受けるのもありです。
2級は冒頭にも書きましたが2年の実務経験が必要なので、待ってられない人も居られるでしょう。

ただ準備し辛いとはいえ3級も過去問をゲットし環境さえ整えれば恐れるに足りず、です。

3級と2級の違いは、実施する都道府県の違いと試験問題(制限時間が1時間違ったり)ぐらいです。

2級の過去記事も是非読んで頂ければ幸いです

関連記事

© 2017 のぼゆエンジニアリング