読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のぼゆエンジニアリング

ゼロから機械設計を勉強してみたりするブログ

機械製図技能検定2級、一週間前の悪あがきを紹介するよ。

資格 資格-技能検定


スポンサーリンク

のぼゆエンジニアリング

技能検定はもう来週に迫りました。
仕事が忙しくて、結局一回も練習できていない人もいるのでは?
私も初回はそんな感じでした。

そんな人の為に、私がした悪あがきを紹介します。

悪あがき1.解答図を眺める

本来は一度くらいは練習しておきたいところです。
しかしそんな時間も取れなかった場合。

過去問題の解答図面を眺めておきましょう。

眺めるポイントとしては、下記2点に注意してください。

  • 寸法線の入れ方
  • 部品の形状

寸法線の入れ方

「ここは中心振り分けで入れてるんだなあ」「幾何公差、表面粗さはこう入れてるのか」
など眺めていると気付きが出てくると思います。

実際の仕事では、わかりやすさ優先で若干クドめに寸法を入れがちかもしれません。
本音を言うと、「ここにカッコ寸法くらいいれたい」「投影足したい」「アイソメ図つけて」とか思うのですが・・

必要最小限に寸法が入れることを心掛け、頭の中を技能検定モードに切り替えました。

部品の形状

技能検定はほぼ鋳物部品が出題されます。
普段扱っていないので、形状の理解にけっこう苦労しました。

過去問の課題図を見て形を想像⇒解答図をみて確認、という行為は読図の練習に十分役に立ちます。

過去問を3D化した記事を以前書きましたので、ご参考にどうぞ。

悪あがき2.試験に使う製図ルールをサクっとチェック

製図と言われると膨大な感じがしますが、試験で使うルールは限られています。

手前味噌ですが、試験でよく使う製図ルールをミニ本にまとめました。

注)試験中(休憩時間含む)のメモや参考書の閲覧は禁止されています。
試験官の指示に従うよう、ご注意ください。

A41枚で、たたむと本になります。


内容はこの記事からどうぞ。

関連記事

一か月前向きですが、こんな記事も書いています。

© 2017 のぼゆエンジニアリング